セックスの途中で中折れして射精できない悲しい現実

しかし、いくら彼女が美人でスタイルが良くて魅力的であっても、
さすがに年齢は隠せません。
しかも付き合う男のほうだって、もう若くはない。この辺で発想の
転換をしてみようかと思います。
正直に言うとさあ、あたしフェラチオって、あまり好きじゃないのよね。
あれはもてない女がやるもんだと思っていたの。
でも、必ずしもそうではないって彼氏がいうのよ。
男はそれが必要なオケイジョンもあるって。
その証拠に自分は妻にフェラチオをしてもらうことで、ちゃんと
フィニッシュできるようになったっていうのよ。
そんなことまで話したの?ちょっと、そのスミスって人変じゃないの?
ちっとも変じゃないわよ。だってこれはサクセスストーリーですもの。
つまり彼は今では完全にEDを克服していて、それを誇りに思っている
のよ。
なんとも前向きな話なんだ。
そうよ。だからさあ、あたしも、いつまでも彼の前で昔のつもりで
猫被っているのをやめようかなと考えていました。
ああ、それはお嬢様路線の廃止ですね。
私は、ため息をつきました。彼女の長所は上品で知的なことです。
しかも男の前だと完璧なる山の手言葉を話ます。
若い頃というか、中年までは、それで男がいくらでも引っかかった。
セックスも、何の問題もなかったのです。
しかし、熟年を過ぎようとしている今、恋人は彼女とセックスをしても
中折れして射精ができないという現実があります。
ちょっと待ってよ。こんな事言ったら悪いけどさ、あなたはスミスって
いう人といい雰囲気になったんでしょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です